予防医学

予防医学

大切な家族であるワンちゃん・ネコちゃんを、感染症から守るために予防接種を受けましょう。

ワンちゃんの予防接種には、狂犬病の予防注射や、犬ジステンバー、犬パルボウイルス感染症などの混合ワクチンが必要です。

また、フィラリアの予防やノミ・ダニの予防も必要です。

ネコちゃんに関しては三種混合または、五種、六種混合のワクチン、ノミの予防を行い、感染症から守ってあげましょう。

ワクチン・予防接種で回避できる主な病気

狂犬病(犬の感染症)

犬の狂犬病は唾液の中のウィルスが傷口から浸入して、神経やリンパから中枢神経へと感染します。

発症すると死亡率100%の恐ろしい病気です。

最初は食欲が落ちる、よだれを垂らす、挙動不審などの症状がみられ、発症するとむやみに噛みつくなど凶暴化する症状がでます。

発症後の有効な治療法はありませんが、発症前の治療でしたら早めの治療で助かる場合もあります。狂犬病予防接種は、法律により年1回の接種が義務付けられています。

フィラリア(犬の感染症)

フィラリアという寄生虫が蚊を媒介して感染してしまう病気です。

主に犬の心臓や肺動脈に20~30cm位の糸状の寄生虫が寄生し、心臓、肝臓、腎臓、全血管系に及ぼします。

一度寄生すると根治させることが困難ですが、定期的に予防薬を投与することで感染を防ぐことができます。

猫汎白血球減少症(ネコの感染症)

猫パルボウィルスによる感染症で、白血球が極端に減少し食欲が無くなり、高熱、嘔吐、下痢が続き、激しい脱水症状となります。

抵抗力の低下から他の感染症を併発する恐れもあります。

体力の無い子猫の場合は、たった1日で死ぬこともある恐ろしい病気です。

猫白血病ウィルス感染症(ネコの感染症)

白血病やリンパ腫、貧血、流産などを引き起こすほか、抵抗力の低下から他の感染症を併発することもあります。

感染してから発症までの潜伏期間が長く、感染に気付きにくいため、他の猫に伝染してしまうこともあります。

感染した猫は80%が3年以内に死亡すると言われています。

その他のワクチン・予防接種で回避できる主な感染症

■ジステンパー(犬) ■伝染性肝炎(犬) ■犬伝染性喉頭気管炎(犬) ■犬パラインフルエンザ(犬)

■パルボウィルス感染症(犬) ■犬コロナウィルス感染症(犬) ■レプトスピラ症(犬)

■猫カリシウィルス感染症(ネコ)■猫ウィルス性鼻気管炎(ネコ) ■猫のクラミジア病(ネコ)など

ノミ・ダニの予防

ノミ・ダニの予防

ノミ・ダニはお散歩などの時や、日常の場所から簡単に寄生されてしまいます。

これらの寄生虫は外用薬(滴下タイプ)や内服用で予防・駆除が可能です。

ノミ・ダニは痒みだけでなく、病気を媒介する原因にもなり、

ヒトに感染する恐れもあります。

月に1度、ノミ・ダニの予防をすることをおすすめします。

去勢・不妊について

去勢・不妊について

去勢・不妊手術は、子犬・子猫の出産を防ぐことはもちろんですが、

病気の予防という観点からもメリットがあります。

オスの場合は前立腺、メスの場合は子宮や卵巣などの

病気の発症率を下げることができます。

また発情期がなくなることで、ワンちゃんネコちゃんのストレスも減り、

ご家族(人間)と共存しやすくなるといった長所もあります。

手術を受ければ一生子供を作れなくなるので、

長所・短所を考慮して手術を受ける際には、予約のお電話など、ご相談ください。

全身麻酔をかけますので注意事項もお話しいたします。

  • 東保動物病院(本院)

    0463-35-6872
    東保動物病院(本院)

    〒254-0061

    神奈川県平塚市御殿1-22-25

    【午前】9:00~12:00

    【午後】15:00~19:00

    【日・祝祭日】9:00~12:00/13:00~17:00

    営業時間
  • 東保動物病院 田村病院

    0463-54-2800
    東保動物病院 田村病院

    〒254-0013

    神奈川県平塚市田村6-2-5

    【午前】9:00~12:00

    【午後】15:00~19:00

    ※祝祭日はお休みです。

    営業時間
  • とうほホリスティック動物病院

    0463-75-9586
    とうほホリスティック動物病院

    〒254-0052

    神奈川県平塚市平塚4-24-6

    【午前】9:00~12:00

    【午後】15:00~18:00

    ※祝祭日はお休みです。

    営業時間